猫兄弟の縄張り争い

私の実家では、子供の頃から猫がたくさんいました。

いわゆる多頭飼いでした。多い時で合わせて13匹の猫がいました。

いつもどこかの部屋に猫がいました。というか占拠していました。

暖かいところは奪い合いになるので、おばあちゃん猫のチャコという三毛猫がいたのですが、いつも炊飯器の上で寝ていました。

よくあんな狭いというか、面積の小さいところに器用に寝ていたなぁと思います。多頭飼いとなると、兄弟問題が起こります。

メスはあまりなかったのですが、オスは小さい頃はそんなに問題なく過ごしていたのですが、適齢期というか、そんな時期になると、だんだん自分の縄張り、そして自分の地位というものを意識し始めます。

「ごはんだよ~」と呼んでも、中の悪いもの同士は出くわすと「うぅ~」「ふぅー!」と唸って喧嘩になります。

本当に見ていられないほど激しい取っ組み合いを展開するので、いつも喧嘩がおこるとドキドキしました。

母さんは「こっちに来なさい!」と手早く猫を引き離すのですが、父さんがいるときは「黙れこのやろう!」と言って足で蹴って喧嘩を止めていました。

よく動画とかで取っ組み合いがありますが、実際は本当に傷だらけになります。

頬っておくと顔中血だらけになってもやめません。

姉ちゃんが「なんでこんなになるまでやるの・・・」と涙目になりながらティッシュとかで血を拭いて傷口を手当てしていました。

でもオス猫の本能なのでしょうか、そんな傷を負っても、日課の縄張り警備をやめるわけにはいかないみたいで「俺は行かなきゃいけないんだ!」みたいな顔で、外へ見回りという名の戦いをしにいってしまいます。

とはいえ毎日喧嘩をしているわけではありませんし、あんなに仲の悪いあの猫と一緒に寝てる!っていう時が何度かありました。

まあ、隣で誰が寝ているのか気がつかなかっただけなのか、それとも・・・。猫は本当に何を考えているのかわからない時が多々あります。でも、大概はわかりやすいです。

飯が欲しかったら「ニャー!」と何度も鳴きますし、甘えたい時は「フフフフンッ・・・」みたいな感じで鼻を鳴らして近づいてきます。

13匹の中でメスは4匹であとの9匹は全部オスでした。

おばあちゃん猫のチャコは私が小3の頃にはもういて、中1の時まで生きました。

家で息を引き取りました。他のメスも同様に家で息を引き取りました。

しかしオスはそういうわけにはいきません。オスは旅に出てしまうのです。

成猫になったら、時期を見てなのか、帰ってこなくなります。

嫁を探しに行く、新たな土地を探しに行く・・・等いろいろあるみたいなんですが、いつもばあちゃんが「そろそろかねぇ・・・」と言ったときには、その後のご飯のあとの日課の夜間縄張り警備に出かけてから、帰ってこなくなりました。

いつもは朝方帰ってきていたのですが、だいたい気が付くと旅に出て行ってしまいました。

9匹のうち1匹は旅に出て、2年半後くらいに家に帰ってきました。

何匹か1度帰ってきた猫はいたのですが、その時にはガリガリに痩せていて、その姿を見て家族全員で泣いていました。

そしてすぐにまた旅に出てしまい、そのまま2度と帰ってきませんでした、その帰ってきた1匹の猫は他の1度帰ってきた猫たちとは違い、体はかなり汚れていたのですが、むしろふっくらしたくらいで「何処かでエサもらっていたのか、飼われていたのかねぇ・・・」と話していました。

その後、その猫はそのまま家で最後まで過ごしました。

もう旅はいい、という感じだったのでしょうか?ちなみにその猫は、私が当時就職した工場の裏で拾ったメスの黒猫との間に子供を設けて、私の家で、私より先に「お父さん」になりました。

その黒猫とはだいぶ歳が離れていたはずなのですが、拾った頃の黒猫はまだ子供で、オス猫のお乳をしゃぶっていました。

もちろん何も出ませんが。私はオネエ猫にでもなったのかな?とも思いましたが、そのまま成長した黒猫と良い仲になってしまいました。

まあ、だいぶ歳の離れた美人黒猫とそういう仲になったので、なんか嫉妬しました。けっこう本気でw。というのも、このオス猫が一番兄弟の中でヘタレだったんです。

家は2階建てなのですが、子猫の時には一番最後まで怖がってなかなか階段を攻略できませんでしたし、喧嘩はするけど弱い。弱いくせに一番何にでも突っかかっていく。なんとなく私に似ていたのです。

でも私にだけあんまり懐いてくれませんでした。

母さんや姉ちゃんにばかり甘えていました。

父さんにも懐くまでではなかったですが、拒否反応はなかったです。

でも私には徹底的な拒否反応を示して、すぐに逃げて行きました。

そんなこいつが、よりによって私が拾ってきた黒猫と結ばれるなんて、なんだかなぁ・・・という感じでした。

こんな感じで、オス猫は旅に出て、メス猫は家に残るというのが、長年猫を飼ってきた私の感想です。

ちなみに全部雑種の猫たちでした。

今は実家には2匹、先ほどの黒猫がおばあちゃん猫になって、母さんと暮らしています。

もう1匹はまだ子供の我が家系で初めての血統書付きのおぼっちゃん猫です。

田舎だけどのんびり暮らしているそうです。