今年16才。おじいちゃん猫☆

ペンネーム:ちゆたまさん

猫ちゃんの名前:ちょろくん

2003年、11月に生後3ヶ月で我が家へやってきたアビシニアンのちょろ。
我が家に来た当日は警戒心の塊、その日の晩は不安だったのか家具と家具の隙間に挟まって寝ていました。
慣れてきてからは、食いしん坊、甘えんぼう、怖がり、やんちゃ、そんな子になりました。
また、イヤホンやパーカーの紐や、髪ゴムなど、紐系のものをかじってしまうクセがあり、いくつダメにされたか数えきれないほどです。笑

当時中学生だった私と同じ布団で寝て、共に生活し、共に成長したちょろは今年16才になります。
あんなに部屋中駆け回って、壁を三角飛びし、私の頭上を飛び越えて行き、やんちゃを極めていたちょろですが、おじいさんになった今、実にのんびりと毎日を過ごしています。
寝ている時間が増え、目も見えなくなり、動きがのんびり、表情もだいぶおじいさんらしくなりました。

猫も人間と同じで、歳をとると食欲が落ち痩せてくる、といいますが、ちょろは相変わらず未だにツナ缶や魚肉ソーセージなど開けるとどこからともなくやってきてねだります。笑
そして新入り猫のご飯まで食べてしまうので、最近太りました。笑

子猫時代は小さくてすばしっこくて、それはもう無条件で可愛かったけど、おじいさんになった今、子猫時代よりもずっーと可愛く愛おしく思えるのです。
いつまで一緒にいられるだろうかと、時々切なくなりますが、まだまだ健康そう。
これからも元気に過ごそうね、あと、一緒に少しダイエット始めようかね。笑

「いいね」して「しぇあ」するにゃ(〃ΦωΦ〃)ノ