初めての猫の元気くん

はじめまして( ´∀`)
私の家では7匹の保護猫がいます。
今回はそのうちの一ぴきの元気くんを紹介したいと思います!

元気くんと出会ったのは、いまから10年前。
私の家の向かいの一軒家の軒下から小さな鳴き声が。
母と一緒に気になってのぞいてみると、そこにはまだ目も開いていない白黒仔猫がいました。
周りに親猫を探しましたがいません。ほっとけないとすぐに家に連れて帰りました。

体がとても冷たく弱々しくなっていく声。すぐにタオルを巻いたり、お湯をいれたペットボトルを用意してなんとかあたためようとしました。
お腹も空いているだろうと、近くのお店で猫用のミルクを買いに行きすぐに飲ませました。ですが、それがなかなか飲んでくれない(´・ω・`)
そりゃまだ産まれて間もないから当たり前ですよね…(笑)なんとか口に入れなきゃ!となんとか口にいれたらすこーし飲んでくれたのです!!( ノ^ω^)ノ

こんなどたばたやっていると外はもう夜になっていました。病院は明日連れていこうと思っているうちに仔猫もいつの間にか寝ていました。
これが私のはじめまして猫を飼いはじめた日のお話。なにも分からなすぎてめちゃくちゃ戸惑いました(笑)

そのつぎの日病院に連れていくと、健康そのもの!大丈夫と先生に言っていただき安心!
この子の名前は何にしようと帰り道母と考えていると、「元気に育ってほしいから元気くんにしよう!!」
それで、元気くんと名付けることになりました(*´∀`)そのままですけどね!(笑)

いまや、シニアの年齢に。前ほど遊ばなくなってしまいましたが、窓際で日向ぼっこするのが大好きで甘えん坊な元気な男の子に成長しました!
猫はツンデレというけれど、めちゃくちゃ甘えてばかりです。それがかわいくてたまらないんですよね!!可愛い猫と会えて私の人生は大きく変わりました。ありがとう!

「いいね」して「しぇあ」するにゃ(〃ΦωΦ〃)ノ
Tweet 20
fb-share-icon20