猫のお手入れ方法とその道具

念願の猫ちゃんとの暮らしを始めたら、少しでも長く一緒に暮らしたいと誰もが願うことです。

日々の健康チェックとともに、お手入れにも気を配ってあげましょう。

猫にブラッシング

基本的に、猫は自分で毛づくろいをするので、ひんぱんにブラシをかける必要はありません。

猫の舌の表面にはザラザラとした糸状乳頭と呼ばれるものがあります。その糸状乳頭がブラシの役目を果たしているのです。野生で暮らしていたころには、そのザラザが食べ物をこそげとるために必要でしたし、また、水を飲むときなどにも役に立ちます。

ですから、飼い主さんはそのお手伝いをする・スキンシップをとるなどの目的で、ブラッシングをしてあげましょう。

また、どうしても毛づくろいの際に毛を飲み込んでしまい、その溜まった毛を毛玉として吐き出してしまうので、その負担を減らしてあげるという目的もあるでしょう。

特に長毛種の猫には、飼い主さんがブラシをしてあげることで、毛が絡まって塊になってしまうことを防ぐ効果もあります。猫ちゃんに任せっきりにしないで、長毛種の場合は、こまめなブラッシングを心がけてあげましょう。

猫専用のブラシも種類がいくつかあります。

『コーム(金属製・プラスチック製など)』は、短毛長毛どちらの猫ちゃんにも使えます。絡まってしまった毛をほぐしたり、ノミ取り専用のコームなどもあります。比較的ブラシを嫌がらない猫ちゃんに向いています。

『ラバーブラシ』は特にブラッシングが苦手な猫ちゃんにおすすめです。飼い主が手にはめるタイプやミトンの形などが多く、撫でるようにブラシがかけられるので、猫ちゃんが嫌がることも少ないでしょう。シリコン素材なので、柔らかく猫ちゃんの体への負担も少なく済みます。

『スリッカーブラシ』長毛種や絡まった毛をほぐすのに便利です。もしも絡まって毛玉ができてしまったら、毛先から少しずつ優しくほぐしてあげましょう。

大切なことは、猫ちゃんが嫌がらないことと飼い主さんが使い易いブラシを選ぶということです。

猫の爪の手入れ

わんちゃんのようにこまめに爪切りをしたり、あまり神経質になりすぎる必要はありません。猫は習性として「爪とぎ」という行動をとります。

猫ちゃんを飼う場合には、必ず専用の爪とぎを用意してあげましょう。家具や柱を傷つけられないため、ということもありますが、のらやその昔の野生時代には、木に登ったりして常に爪を摩耗させていたこともあり、爪とぎというのは猫ちゃんにとっては欠かせない必要な行動です。

しかし、猫ちゃんの習性に任せてばかりですと、室内飼いの猫ちゃんの場合にはやはり爪が伸びすぎてしまうという恐れもあります。家のカーテンやラグ、セーターなどに爪が引っかかりやすくなった、などの兆候が現れたりしたときには、猫ちゃんの爪を切ってあげましょう。

人間用の爪切りでも代用できますが、人間とは爪の構造が違いますし、猫ちゃんが嫌がって暴れる可能性が大きいので、やはり専用の爪切りが安全でおすすめです。

猫ちゃんの爪を切るときは、向かい合わせではなく、逆向きに抱っこをして、飼い主の足の間に猫の体を挟み込むと安定します。根元の方からバッサリ切るのではなく、掌球を優しく押して爪を出し、出た爪のカーブしている三分の一くらいを目安に切りましょう。ペット専用の爪切りは、ハサミ型やニッパー型などが主流で、深爪しにくい構造になっています。

猫にシャンプー

毎日お散歩に出かけることのほとんどない、室内飼いの猫ちゃんであれば、シャンプーの必要はあまりありません。年に1、2回を目安にするとよいでしょう。もともとは、砂漠などの雨や水の少ない地域に生息していた動物なので、むしろ水は苦手です。

ただし、屋外を行き来している猫ちゃんや、何らかの理由があり汚れてしまったり、ノミが見つかった場合はシャンプーをしてあげましょう。

おそらくほとんどの猫ちゃんは水が身体に付くことを嫌がると思われます。なるべく手早くすませるようにしてあげましょう。

シャンプーは猫専用のものがあります。最近では人間と同じような低刺激のものやアミノ酸配合タイプなど、種類が豊富です。飼い猫の状態(年齢・疾患の有無など)に合わせて選ぶと良いでしょう。

どうしても水を嫌がるけれど洗わなくてはいけないときには、ウォーターレスのシャンプーや、ふき取りシートタイプもあります。やはり、猫と飼い主にストレスがかからない方法を選ぶのがベストです。

また、わんちゃんと違って猫ちゃんの場合は、自分で体を舐めるので、シャンプーのすすぎ忘れのないようにします。ドライヤーも嫌がる子が多いですから、その場合はタオルドライを充分にして、陽の当たる暖かい窓辺などで自然乾燥をさせましょう。シャンプーをする季節を暖かいころにするなど配慮をすると、より猫の体調に負担をかけずに済みます。

長毛種などは、専門のトリマーさんなどに頼んでシャンプーをしてもらうのもよいと思います。

そのほかのチェック

ブラッシングのついでに、耳や目や口などもチェックするとよいでしょう。

これらの部分は、異変の中には病気が隠れていることもあります。普段と少しでも違うと感じたら、獣医さんに相談してみましょう。

大切な家族の一員である猫ちゃんの健康は、ぜひ飼い主さんが守ってあげてください。