いつまでもみんなのアイドルでいてね、クロちゃんチビちゃん

突然ですが、近所のアイドル猫二人を紹介します。

一人はクロちゃん。
一見クールビューティーな黒猫の印象を受けますが、

このように誰にでもお腹をモフらせてくれます。
ここか、ここがいいのか!

もうひとりはチビちゃん。
白黒ブチで、若干迫力のある風貌ですが、

人を見つければいつだって『大好き!』のピンピンしっぽで近づいてきてくれます。

二人は母娘。
チビちゃんのほうが明らかに重量級で、クロちゃんより大きいのですが、チビちゃんのほうが娘です。

もう何年も前、ここにはクロちゃん一人だけでしたが、クロちゃんはある春に子猫を産み、そのうちの一人がチビちゃんでした。

クロちゃんの乳首がハゲるほどおっぱいを吸い(写真では見えませんが)、近所の人達からのご飯でまるまる太って大きくなったチビちゃんは、近

所の人達からのカンパでクロちゃんと一緒に避妊手術を受け、野良猫から地域猫になりました。

それから、二人は長年、近所の人達のアイドル猫として可愛がられながら暮らしています。

春夏秋は、よく日が当たるレンガ床でごろ~んと伸びて、日向ぼっこ。ときどき道行く人になでられます。

冬は少し寒いけど、近所の優しいおばちゃんが作ってくれた発泡スチロールハウス(出入り口にビニールカーテン付き)に二人で入ればへっちゃらぬくぬく。

近くの建物の人達が持ち回りでカリカリをくれて、水飲み場まで作ってくれています。

二人は、長年ここで暮らしています。

チビちゃんが生まれてから、かなりの年数が経っています。二人は、実はとっくにシニアの年齢です。

猫の寿命は人間より短いけれど、クロちゃんチビちゃん、どうかいつまでも健康で幸せでいて、私達に可愛いをたくさん振りまいてください。

大好きだよ。